ブラジャーの基本がわかる!“ブラの本”を徹底解説

胸に関すること

改めてブラジャーについて詳しく知りたい!

ブラジャーに悩みがある

ブラジャーを数年買ってない

こんな人に向けての記事です

乙女ならくだ
乙女ならくだ

この一冊で基本が全てわかるよ!

“ブラの本”とは

2003年に青山まりさんが書いた本です

青山まりさんとは、ブラジャー研究家としてTV、講演などで活躍されてる方です

18年以上前の本と思うかもしれませんが

“ブラの本”はブラジャーの教科書的な内容が盛りだくさんです

そのため基礎的な部分は年月が過ぎても変わりません

10代のはじめてのブラから60代以降のブラまで

幅広く基礎知識が書かれています

ブラジャーってだれに教わったわけでもなく

または、特別な勉強もする機会なんてほとんどないと思います

「はじめてのブラはお母さんと一緒に選びました」

「たまに店員にサイズを測ってもらいます」

ほとんどの人がこの程度です

人生のほとんどをブラジャーを着けているのに

無知すぎる!

きっともっと有効的で快適に

ブラジャーを着ることができるはず!

そう思って手に取りました

勉強になった点

下着専門店で販売員の経験がある私ですが

もっと早くこの本に出合いたかったと思える内容でした

特にここが良かった点を3つにまとめてみました

  1. サイズが合っているのにブラジャーが合わない理由
  2. ジャストサイズの見極め方
  3. 良いブラジャーをみつける3つのポイント

⒈サイズが合っているのにブラジャーが合わない理由

  当たり前のことですが、人の身体はそれぞれです

  骨格、脂肪の付き方などで体型は変わります

  また同じサイズでも年齢による下垂や脂肪の柔らかさで

  寄せれる幅も大きく変わるのです

⒉ジャストサイズの見極め方

  このブログでは試着することをすすめてきましたが

  この本でも同じく試着の大切さが書かれています

  ただ試着するだけでなく

  座ってみたり、腕をあげたり‥色んな体勢をとり

  ブラジャーが合っているか確認します

  本の中ではチェックポイントが7つ紹介されていますが

  私が特に見てほしいのが脇肉部分です

  脇の部分に肉がはみだしている状態です

  これはカップが小さかったり形が合ってないのが原因です

  販売員時代にこの手の下着を着けている人を多くみました

⒊良いブラジャーをみつける3つのポイント

  ①ブラジャーを左右に引っ張った時にカップが潰れないか

  ②肩ひもはよく伸び縮みするか

  ③後ろの部分(背中部分)がよく伸び縮みするか

  着替える際に自分のブラジャーを確認してみてもいいと思います

読んでみて実際どう変わったか

今自分が持っているブラジャーが合っているのか確認できました

また、新しく自分にあったブラジャーを探したくなります

今まで後回しにしてきたブラジャーですが

合ったブラジャーを着けることで

こんなにも世界が変わるんだ!と前向きな気持ちになれます

というのも、青山まりさんも最初から出来ていたわけではなく

30歳まではブラジャーの買い替えもなく3枚を着まわしていたようです

そんな状態でいてもなお

美しい胸を作ることができる!

そのことが私の励みになりました

年齢、出産、お手入れなんて後回しになることも

多い中で、正しく知って着ければ何歳からでも

素敵になれることが何より読んでよかったと思うことです

今後どうなりたいか

20代の時は、何より自分にお金をかけ

身だしなみにも多く投資してきました

30代になって、自分よりも大切なものや

年齢からの若干の諦めもあり

「これが私なんだ」と特に努力もせず受け入れていました

でも今は、変わりゆく環境や自分に合わせて

その時のベストを作りたいと思います

今の私ですが、出産を経験し子育て家事仕事

毎日バタバタの中で、楽で手頃で綺麗を保てるブラジャー

探したいと思います

おススメする理由

色んな事を書きましたが

とにかくこの本1冊あれば

子供がはじめてブラを買うとき

今の自分にブラが合わなくなったとき

この本を開けばヒントや答えがあります

数少ない下着本の中で本当におススメの1冊です

楽天でお探しの場合はこちら↓


USED【送料無料】ブラの本。 青山 まり

Amazonでお探しの場合はこちら↓


ブラの本。

まとめ

たかがブラジャー

されどダイエットをしなくても簡単にスタイルアップする方法があります

それが正しいブラジャーを身に着けることです

すごく簡単なことなのにそれが難しく

そのことを知らない人が多くいます

一つ知識をつけるだけで

実は自分の悩みは容易く解決するかもしれません

そのきっかけにこの本がなればいいと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました